オリフィス バキュームホース内 RX-R等 22326KA180 KK3/KK4/KY3

■適応モデル ヴィヴィオ/ビストロ/T-TOPのスーチャー車(一部除く)

オリフィス バキュームホース内 RX-R等 22326KA180 KK3/KK4/KY3
オリフィス バキュームホース内 RX-R等 22326KA180 KK3/KK4/KY3
オリフィス バキュームホース内 RX-R等 22326KA180 KK3/KK4/KY3
オリフィス バキュームホース内 RX-R等 22326KA180 KK3/KK4/KY3
NEW
商品コード: 22326KA180
オリフィス バキュームホース内 RX-R等 22326KA180 KK3/KK4/KY3
商品説明
 
ヴィヴィオ/ビストロ バキュームホースの中に入っている、オリフィスです。
スバル純正部品の新品です。
 
RX-Rなどインマニ近辺の、細いバキュームホースの中に、コレが入っています。
実は、どういう働きなのか、私にはよくわかりません。
調べると一番近いと思ったのが、
■「流体の流出する小口径の穴。比較的少量の流量測定などに用いられる。」
■「差動排気を行うときに、圧力差を作るための絞り。圧力差を持った室を接続すると、差圧に応じたガス分子の流れが生じるが、間にオリフィスを置くと、流れに対する抵抗となって働くため、圧力差を保つことができる。」
 
これを自動車に当てはめると、バキュームホース内のエア流量に対して、入力側と出力側の圧力差を生み出すための、仕切り、といった感じでしょうか。
 
これが壊れることがあるかわかりませんが、私も含めて、多くの方はバキュームホース類をシリコンホースに替える時、コレを入れ替えているのでしょうか?
ということが、疑問に残ります。
私はまったく知らないで、シリコンに替えた時、純正ホースはそのまま捨ててしまいました。
ということで、今は入っていません。
入ってなくても、特に問題なく走っていますので、コレを入れなくてもいいような気もします。
 
でも、必要があるから、スバルは手間暇とコストをかけて、細いバキュームホースの中にこんな小さいオリフィスを入れているのでしょう。
入っているのと、入っていないのとで、どういった違いが出るのか、ただでさえ鈍い私にはわかりません。
入れた方がいいのか、入れなくてはいけないものなのか、なくても大丈夫なのか、電子部品のレスポンスが変わるのか、まったく不明です。
 
適用は、スーパーチャージャー車のようですが、RX-SSなどには使っていないようで、車種別に説明ができません。
使っているかい、ないかは車両データにてお調べいたします。
 
送料は、普通郵便などを予定しております。
 
■対応純正品番  22326KA180
■適応モデル ヴィヴィオ/ビストロ スーパーチャージャー車(一部除く)
       2WD/AWD、KK3/KK4
■製造メーカー   富士重工 スバル
■在庫 あり
■新品
■1個
関連カテゴリ:
VIVIO
VIVIO > エンジンパーツ
通常価格:320
販売価格:280
ポイント:0Pt
数量
在庫
3